「外貨貯金」の本質を知る


日本ではFX取引よりも「外貨貯金」を行っている方の方が多くいると思います。
FXも外貨貯金も、その構造はとてもよく似ています。どちらも通貨を売買して交換し、そこから利益を得て資産を運用しています。

外貨貯金の場合は、その利益を主に金利差に求めていきます。金利の低い日本円で金利の高い外貨で買うことにより交換をし、その外貨を貯金して寝かせておくことでその金利を求めていくのです。

これに対してFXは、例えば日本の円でドルを買い、その為替レートの変動を利用して為替差損益を求め、利益が出たところでドルを売って円を買い戻すことで利益を生んでいくことになります。

こうしたことが、それぞれの主たる利益の求め方になりますが、もちろん外貨貯金にも為替差損益の影響は出ますし、FXで金利差を求めていく投資方法も存在します。
小さな資金を繰り返し売買に使う事により、少しずつ利益を求めてくFXと、大きな資産で一回の売買を長く行って利益を求めていく外貨貯金と、この2つは何に特化をするか、という違いがあるだけで、ほとんど内容は一緒であるということが言えるのです。

ですので、FXの為替相場のレート変動によっては損失を被る、という特性は、そのまま外貨貯金に当てはまることになります。

例えば外貨貯金で、1ドル150円の為替レートで150万円を1万ドルに替えて預け入れておくとしましょう。
このまま、レートが動かなければ150万円に金利差の利益がついて順当な運用ができることになります。
しかし、為替レートが変動してしまい、1ドル100円に変わってしまった場合には、1万ドルの価値は100万円になってしまいますので、資産を銀行に預けただけで50万円が減ってしまったという事にもなるのです。

また、外貨貯金は長期間にわたって資金を預けて利益を求めていくことを目的としているために、多くの場合は貯金を引き出すことができなかったり時間がかかったりします。
先のように、為替レートが変動して資産が危なくなったとしても、それを回避する手段に乏しいという現実があります。
これに加え、円を外貨に、また外貨を円に戻す際には手数料がかかり、外貨の種類や銀行の設定にもよりますが、米ドルと日本円での場合は1ドル2円が多くなっています。
先の例を使えば、1万ドルの貯金をしてそれを戻す際に、往復で4万円の手数料がかかることになるのです。

確かに外貨貯金は手間がかからずに、安定した利益を得ることもできる金融商品ですが、このように高いコストやリスク回避がしにくいというデメリットもあるのです。

もし、これから外貨貯金を考えるのであれば、同じような仕組みで、多くの取引業者が、手数料を無料にしており、もしもの場合にも瞬時に外貨から円に戻せるFXも、その選択に入れて考えてみるのも良いかもしれません。